Please reload

最新記事

その表情は本物か?「作られた表情」と「本物の表情」との見分け方

August 26, 2016

1/3
Please reload

特集記事

すぐに覚えやすい顔の特徴とは?

みなさんは、初めて会った人の顔を

すぐに覚えられるタイプですか?

 

顔の記憶力に関しては、これまで女性のほうが

男性よりもよいと一般的に言われてきました。

 

しかし、人の顔のおぼえやすさについては、性差のみならず、

次の3つの傾向も影響していることがわかっています。

 

-・-・-・-・-・-・-・-

①自分が属する人種の方が

他の人種よりも記憶しやすい

own-race effect

 

②自分と同じ年代の人の顔の方が

他の年代の顔よりも記憶しやすい

own-age effect

 

③自分と同じ性別の人の顔のほうが、

異なる性別の顔よりも記憶しやすい

own-sex effect

-・-・-・-・-・-・-・-

 

 

上の3つの傾向から言えるのは、

アジア人ならアジア人、女性なら女性など

自分に近い外見的要素を持つや、

自分が属する社会(学校やコミュニティなど)で

接触する機会の多い人の顔の方が、

異なる属性の人の顔よりも記憶しやすいということですね。

 

 

 

 

 

ではモデルさんや俳優のように、

顔の造形が整っていて魅力的な人は、

年齢・人種・性別などの共通の要素がなくても

すぐに覚えてもらいやすいのでしょうか・・・?

 

 

魅力的な人ほど、顔を覚えてもらいやすい?と思いきや、

必ずしもそうではないようです。

 

 

なぜなら、

 

魅力的な顔ほど覚えにくいという研究結果や、

とびきり魅力的である、または

魅力に欠ける人の顔のほうが、

中程度の魅力の人よりも記憶されやすい

 

という研究結果も報告されているからです。

 

 

 

 

「顔の魅力」と「記憶」の関連性については

数多くの研究がなされているものの、

実は明確な結論はまだ導き出されていません。

 

 

国際ボディランゲージ協会でも、

引き続き顔に関する記憶力や顔認知のプロセス

を調べていきたいと思っています。

面白い論文や研究を見つけましたら、

皆様にもブログやメルマガを通してご紹介しますね。

 

 

★★・‥…―━━━―…‥・★★

日本初の非言語トレーニング!

2級・1級認定資格講座のご案内

★★・‥…―━━━―…‥・★

 

国際ボディランゲージ協会では

 

「家庭やビジネスの現場で即役立つ

非言語コミュニケーション情報を

お一人でも多くの方々にお伝えしていきたい!」

 

という思いで、アメリカの最先端のボディランゲージのスキルを

学べる場を全国へ広げる活動をしております。

 

最先端の科学をベースとしたボディランゲージの

スキルを習得したい方や、日本ではまだ数少ないボディランゲージの

エキスパートを目指したい方は、ぜひ下記の開催情報をご覧ください。

 

 

-・-・-・-・-・-・-・-

2017年11月・12月は下記の日程で

ボディランゲージ認定2級・1級講座を開催します。

 

 

    ↓  ↓  ↓

https://www.body-language-expert.com/academics

(★大阪での開催日も追加されました)

 

参加をご希望の方は《スケジュール》の

お申込みフォームよりお申込みください。