安積陽子プロフィール.jpeg

日本の子供たちに
表現力を磨き
​聴く人々を惹きつける
プレゼンテーション教育を

ストーリー

これからの子供達に必要なのは、自分の頭で考える力と、それを発信するプレゼンテーション力です。

自分の頭で考える力をもっていたとしても、自分の意見や想いを堂々と人に伝えられるスキルを持っていなければ、どれだけ素晴らしいアイデアも周囲に認めてはもらえません。

日本の全国の公立学校では、端末導入が進んでおり、タブレット端末などを使ったプレゼンテーションが授業の中でも取り入れられるようになりました。しかしプレゼンターとして発表の場に出ても、スライドの情報を棒読みする子供たちが多く、表現力を磨くための具体的なアドバイスを交えたプレゼンテーション教育がまだまだ浸透していないのが日本の教育現場の現状です。

日本人がプレゼンテーションが下手だと言われるの背景としては、日本人は文化的に表情やジェスチャーを使うことが控えめであること、ボディランゲージを効果的に使ったプレゼンテーションを実践的に教えられる指導者が少ないということが一つの要因として考えられます。

 

子供たちが将来グローバル社会に出たときにアイデアを競っていくのは、幼少期からプレゼンテーションの経験を数多く積んできた子供たちです。自我が確立された社会人になってから、プレゼンテーションのトレーニングを受け始めるのでは遅すぎます。柔軟に自我を調整できる子供の頃から、適切な声や表情、ジェスチャーをもちいながら表現力を磨き、自分の発信力やコミュニケーション能力に自信をもっておくことは、子供の自尊心や自己効力感を高めるためにも重要です。

国際ボディランゲージ協会では、プレゼンテーション力を上げたいお子様のために、オンラインでマンツーマンの指導を行なっております。ご興味のある方はお気軽に事務局までお問い合わせください。

国際ボディランゲージ協会 代表理事

​安積陽子

連絡先

子どものためのプレゼンテーショントレーニング 

【レッスン内容】

ご準備いただいた原稿をもとに、発声・滑舌・表情・姿勢・身振り手振り・身体の使い方について指導いたします。(原稿をおもちでない方はこちらでご用意します)

【対象者】

  • 幼稚園

  • 小学生

  • 中学生

  • 高校生

  • 大学生

 

【受講料】

​60分間 15,000円(税込)

  • レッスンはオンライン(Zoom)で実施します

  • プレゼンテーション大会に出場予定のお子さまのレッスンも承っております。マンツーマンレッスンをご希望の方は、こちらのお問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

  • プレゼンテーションではなく、入試面接対策をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • 大人の方の指導も行なっております(大人の方は別料金となっております)

クラスで発表する