誤解を与えやすい日本人のジェスチャー①「口に手を当てるしぐさ」と「手刀のしぐさ」

みなさん、こんにちは。

国際ボディランゲージ協会代表理事の安積です。

日本国内では問題がないのに、海外で行うと見にする者に不快感を与えたり、危険な反応を誘発するジェスチャーは意外と多いものです。

国際ボディランゲージ協会の認定講座の中では「外国人とのコミュニケーションでは控えるべきジェスチャー」「海外では絶対やってはいけないジェスチャー」についてお伝えしていますが、

本日は、日本国内ですると気にされないけれども、他国の人から見ると違和感があるボディランゲージを2つご紹介します。

今回ピックアップするのは、「口に手を当てるしぐさ」「手刀のしぐさ」です。

昔から日本人は、ひそひそ話をする際や、くすくす笑うとき、食べ物を口の中で噛んでいるときなどに「口に手を当てるしぐさ」を無意識に行います。

でもこのしぐさは、欧米人から見ると、無作法に映るものなんですよね。

まるで、何か隠し事をしているような印象や、

相手を拒否しているような印象を与えてしまうのです。

日本人の文化にのっとり、自分を控えめに見せるつもりでしているのでも、

第三者から見ると上品なしぐさではありませんので、控えた方が賢明です。

つづいて「手刀のしぐさ」ですが、これは人混みや

狭い空間を通り抜ける際などに、よくするしぐさです。

「失礼」などと言いながら

ついついやってしまう手の動きですが、

日本国外でしても理解されません。

むしろイタリアで手刀のしぐさをすると、「気をつけろ〜!」「喧嘩したいのか!」という意味で、威嚇のしぐさになってしまいますので、くれぐれも注意しましょう。

ボディランゲージは、私たちの誰もが、生まれてから当たり前のように行う世界共通のコミュニケーションツールです。何気ないしぐさだからこそ、異なる文化圏ではときに、とんでもない誤解を生んでしまうことがあります。

コミュニケーション上の致命的なトラブルを避けるためにも、自分とは異なる文化や宗教をもつ国々のボディランゲージを学ぶことは、国際化の時代を生きるわれわれにとって大切なスキルだといえます。

国際ボディランゲージ協会が全国で開催しているボディランゲージ認定資格講座の2級では「表情を使ったコミュニケーション術」についてお伝えしていますが、1級講座では、日本人がよくやるしぐさが、海外の人にはどのように理解されるのか? 「日本とは異なる意味で理解されるボディランゲージ」と、「海外では気をつけるべきボディランゲージ」についてご紹介しています。

ボディランゲージを使った自己演出術を学びたい方、

人の「表情」や「身体」から言葉にならない感情を読み取れるようになりたい方は、

日本初の非言語コミュニケーション資格講座

国際ボディランゲージ協会の認定2級・1級講座がおすすめです。

90分で非言語コミュニケーションのエッセンスを学ぶことができますよ!

▶︎▶︎ボディランゲージ認定資格講座で得られる10のスキルとは??http://bodylanguage.sakura.ne.jp

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square