あなたのプロフィール写真はどちら向き?印象が180度変わる「過去に向かう顔」と「未来に向かう顔」

みなさん、こんにちは。

国際ボディランゲージ協会の安積です。

本日は顔の向きから伝わる印象についてお伝えしたいと思います。

これまでイメージコンサルタントとして、さまざまな経営者のプロフィール撮影に携わってきましたが、日本の経営者もアメリカの経営者も姿勢は気にされるのですが、顔の向きまで意識して写真を撮られる方は少ないようです。

実は、同じポーズを撮るのでも、顔が右を向いているか、あるいは左を向いているかで、写真全体から伝わる印象は大きく変わります。

たとえば、正面から見て顔が右を向いている写真。

この右向きの写真からは、前進可能性希望といったポジティブな印象を伝えることができます。

一方、左を向くと、後退・停滞・過去といったネガティブな印象が伝わります。

顔の方向だけではありません。

顎の高さによっても、印象は変わります。

たとえば、

顎を少し上に向ける→上昇志向・未来志向

顎を下に向ける下降気味・回顧主義

このように、顔の向きに加えて顎の高さを変えると、印象の違いがさらに強まるわけですね。

「何か新しいことを生み出してくれるかもしれない!」という可能性

「この人についていったら未来が開けるかもしれない!」という希望

「この人はまだまだ上昇していきそう!」という期待感

これらを感じさせる顔の向きは、右上ということになります。

日本語には、数値の上昇や状態がよくなることを意味する「右肩上がり」という言葉がありますが、(英語ではgrowing, expanding, soaringという対訳になるでしょうか) 右上に上昇していくものに対して、わたしたちはよい印象を抱くように自然にインプットされているのです。 これからプロフィール写真を撮影する予定がある方は、見る人に与えたい印象を考えて、ご自分の顔の向きと顎の高さを少し意識してみてくださいね。

これからプロフィール写真を撮影する予定がある方は、見る人々に与えたい印象を考えて、ご自分の顔の向きと顎の高さを少し意識してみてくださいね。

-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-

欧米のエグゼクティブが使っている自己演出術を学びたい方は

国際ボディランゲージ協会認定1級講座がおススメです。

①ボディランゲージから人の感情を読み解く技術

②ボディランゲージを使って効果的に伝えたいメッセージを伝える技術を

それぞれ90分の講座で学ぶことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square