ボディランゲージを使った自己演出法《自信編》

みなさま、こんにちは。

国際ボディランゲージ協会代表の安積です。

ボディランゲージを使った自己演出術、

第2回目は、【自信】が伝わる20のボディランゲージをご紹介します。

まずは事前の準備から。

《体と心の状態を整える》

・ゆっくりと腹式呼吸を行い、全身の筋肉をリラックスする

・肩を後ろに大きく回したあとに、両手を上に引き伸ばす

身体が軽やかになり、実際よりもひと回り大きくなったような感覚が生まれたら、準備完了です!

続いて、「姿勢」と「歩き方」について。

《スタンディング・ポジション》

1、頭をわずかに後ろに反らせる

2、顎を通常よりも少し高めに上げる

3、肩甲骨を後ろに引き寄せる

4、胸を少し前に突き出す

5、両足を肩幅に開き足先を軽くハの字に広げる

《シッティング・ポジション》

6、自分で席を選べる場合は、中央の席または大きめの椅子、高めの椅子に座る

7、ソファに座る際は、背もたれや肘掛けに手を回してスペースを広くとる

8、胸を広げて、ゆったりともたれる

9、手はつねに相手の視界に入る場所におく(手や腕を組まない)

《歩き方》

10、腕を体から離し、軽くスペースをつくる(男性のみ)

11、肩に力を入れ、肘から下の力は抜く

12、目線は少し上に向ける

13、胸を軽く突き出して歩く

14、いつもよりも少し広めの歩幅を意識

《話し方》

15、会話中は体の前を遮らず、オープンな姿勢を維持する

16、腹の底から響く安定した声で話す

17、相手の目をしっかりと見つめ、おおらかな態度で接する

18、積極的に会話をリードする

19、笑顔を基本にしながら、表情豊かに、ウィットに富んだ会話を心がける

20、頻繁にあいづちをうたず、相手が話し終えた後にゆったりうなずく

会合やパーティーなど人が多く集まる場所では、できるだけ高い場所や人の視線が集まりやすいセンターに立つのがポイントです。

また集合写真を撮る際も、基本的には最前列のセンターに立つと、もっともパワフルに見えます。

今回は、誰もが簡単に取り入れられるボディランゲージを中心にご紹介しました。

自己演出は基本的に、

「相手からどう見られているか」を強く意識するよりも、

「相手にどんな自分を印象づけたいか」に意識を集中させることが大切です。

周りの人々に影響を与えられるような「自信」や「パワー」を全身から醸しだしたいときは、「人からどう思われようが気にしない」くらいの意識で堂々と振る舞うことが大切です。

一度に20のボディランゲージをすべて実行する必要はありません。

まずはこれを試してみよう! というものが見つかりましたら、ぜひ日常生活の中で取り入れてみてください。

-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・

》》》ボディランゲージを使った自己演出法について学びたい方は

こちらの国際ボディランゲージ協会認定資格講座がおすすめです。

11月8日、12月1日、12月17日は沖縄で、

11月11日、12月12日、12月17日、は大阪でも開催いたします!

東京での開催情報はこちらをご覧ください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square