ボディランゲージでウソは見抜ける?見抜けない?

「鼻をこすのは、やましさのあらわれ」

「話しているときにまばたきの回数が急に増えたら、ウソをついている証拠」

みなさんはこのようなフレーズを、

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

もしもこれが事実だとしたら、

人の嘘は面白いほど見破れるようになりそうですが・・・

みなさんもご存知の通り、嘘を見抜くのは、実際はそんなに簡単ではありませんよね。

1つのボディランゲージだけを手掛かりに、

相手がウソをついているかどうかを判断すことはできません。

では、人の心を読むためにボディランゲージはあまり役に立たないのか??

というと、実はそうでもないのです。

ボディランゲージからは「ウソ」を100%見抜くことはできませんが、

「相手が動揺しているかどうか」は見抜くことができます。

「動揺する」とは、《感情が揺れ動いている状態》です。

この《感情の揺れ》は、

ボディランゲージの変化に気づくことができれば、

意外に簡単に見破ることができます。

動揺するときのボディランゲージの変化とは、どういったものか?

それは、普段はしないしぐさを突然始めたり、

普段は見せない表情を突然したときが、変化を見極めるポイントとなります。

たとえば

・普段は身振り手振りの大きい人が、ある話題になると急に手を動かさなくなった。

・もともと猫背気味の人が、ある話題になったとたんに急に姿勢を正しはじめた。

・少し前までしっかりと目を見つめて話していた人が、急に目をそらすようになった。

このように、

普段やらないことを突然し始めたら、心に動揺を起こしているサインになります。

目の前の人のちょっとした変化に気づくためには、

普段からその人の行動パターンや普段の表情パターンを

よくみておく必要があります。

・この人は普段どのような表情を見せることが多いのか?

・どのような癖を持っているか?

・普段はどのような姿勢で話すことが多いのか?

・手振りがもともと大きい人なのか?小さい人なのか?

・左利きか?右利きか?

このような視点で、周りの人々を日々観察し続けてこそ、

人の気持ちを本当に理解できるようになるのです。

自分の大切な人が普段とは異なるしぐさを見せたとき、

あなたはすぐに気づくことができますか?

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

表情筋の動きや体の動きから人の感情を読みとくテクニック、

また、ボディランゲージを使った自己演出法について学びたい方は、こちらの講座がオススメです。

国際ボディランゲージ協会2級・1級講座》》》

ただいま10月2日(日)〜のお申し込みを受け付けております。

詳細はこちらのHPをご覧ください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square