失礼なボディランゲージ

日本国内で行う場合は問題にならなくても、日本人以外の方に行うと失礼になるボディランゲージの一つに「頭をなでる」という行為があります。


日本では、おもに幼い子供に対して「良い子だね」「頑張ったね」「可愛いね」という時に思わず子供の頭をなでることがありますよね。しかし「頭をなでられる」という行為を、宗教的・文化的な理由などから、不快に感じる人々もいるので注意が必要です。






たとえば東南アジアなどでは、子供の頭の上はその子を守る精霊が宿る神聖な場所と考える人々もいます。こちらは優しくなでたつもりでも、手でなでる=子供の頭(にある精霊や守護神)を押さえつける=縁起が良くない=失礼な行為だと解釈する人もいます。


また、頭をなでるという行為をペットに対して行う行為だと捉えている人々は、たとえ対象が幼い子供であっても、大切な家族の頭を撫でられることに違和感をおぼえる人々もいます。





頭をなでる行為以外にも、気をつけたいボディランゲージがあります。それは、手で身体や顔のシルエットを表しながら「彼女はスタイルがいい」「彼は背が高い」「鼻が高い」「妊娠している」など体型や顔の特徴を表すボディランゲージもありますが、これら体型や容姿に関するジェスチャーは、海外ではもちろんのこと、国内で行っても失礼に値します。


日本のメディア(とくにお笑い番組等)では、このような身体的表現に対する発言やジェスチャーのチェックがまだまだ緩い気がします。身体的特徴を表すボディランゲージは他にもたくさんありますから、無意識のうちにしてしまわぬよう、気をつけたいものですね。



特集記事
最新記事