top of page

米国大統領選挙2024:バイデン氏とトランプ氏のボディランゲージ比較



みなさん、こんにちは。国際ボディランゲージ協会代表理事の安積です。


近年の政治の舞台において、リーダーたちのボディランゲージがますます注目を集めています。2024年の米国大統領選挙に再び対決が予想されるジョー・バイデン氏とドナルド・トランプ氏。この二人は、異なるリーダーシップのスタイルをボディランゲージでも表現しています。


ジョー・バイデン氏の話し方には、年齢に伴う自然な変化が反映されており、ゆっくりと落ち着いたリズムで話し、感情表現は控えめながらも、重要なポイントでは手のジェスチャーを使って強調します。その所作は慎重であり、大胆な動きを避け、小さな穏やかな手の動きに留まります。これらのスタイルは、立ち姿や歩みにも見られ、身体の軸が揺らぐなどの姿勢から年齢を感じさせる一方で、強調すべきメッセージを伝える際には相手の目をしっかりと捉え、その静かながらも強いメッセージは、平坦かつ静穏な印象で聞き手に伝わりやすく、安定感のある印象を与えます。


一方で、ドナルド・トランプ氏のボディランゲージは力強さを放つ特徴があります。しばしば大きな手の動きを使い、目線を鋭く相手に向けることから、力強さを印象づけます。指を突き出したり、拳を握ったりするジェスチャーは、彼の言葉に強調を与え、そのメッセージに対する確固たる姿勢を視覚的に表現しています。

また肩をぐっと後ろに引いて胸を張り、顎を上げる姿勢を取ることがあります。この姿勢は支配性を示し、リーダーとしての強さを感じさせる視覚的効果があります。身振りを通じて物理的な空間を大きく使うことで、存在感とオーソリティを示す頻度が高いのもトランプ氏のボディランゲージの特徴です。これはリーダーとしての彼の「大きな存在感」を見る者に感じさせます。





ボディランゲージは、リーダーたちの人間性やコミュニケーションスタイルを如実に反映します。平坦かつ静穏のバイデン氏に対して、アグレッシブなボディランゲージを使い、支配性の強いリーダーシップを印象づけるトランプ氏。


ボディランゲージを通して両者のコミュニケーションスタイルを比較し、どちらが国民の期待に応えるリーダー像に近いか、じっくりと見極めてみてください。







 

表情やジェスチャーから相手の感情を理解し、自分自身の非言語コミュニケーションを自由自在にコントロールするスキルを身につけたい方は、ぜひこちらからボディランゲージに関する各講座の詳細をご覧ください。全講座オンラインでご受講可能です。
















Comentarios


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索