医療従事者 非言語コミュニケーション ボディランゲージ 医療コミュニケーション

医療従事者のためのボディランゲージ講座

【テーマ】 言葉には現れない感情を読み取き、洞察力をアップする

患者さんの「表情」や「身体の動き」通して、患者さんの言葉には表さない気持ちや複雑な感情をボディランゲージから正しく読みとるスキルを身につけることができます。医療の現場で起こるさまざまなコミュニケーションのズレがどのように生まれるかを理解できるだけでなく、自分自身のボディランゲージをより効果的に使って、患者さんの自己重要感を高め、良好な関係を形成するための非言語コミュニケーション術について学ぶことができます。

【内容】

ボディランゲージの影響力

世界各国で行われている研究例をもとに、ボディランゲージが人の思考や感情、行動に与える影響力について解説します。

 

万国共通の表情について理解する

表情について豊富な写真を用いながら、表情から感情を読み解く方法解説します。表情を全体的な視点で見るだけでなく、表情の部分にも注目し、表情別の微妙な違いー唇の角度・しわの形・眉毛の形なども解説します。たとえマスクで限られた顔情報しか顔が見えなくても、相手の気持ちや気持ちの変化を正しく読み取るための方法を学びます。

 

ポジティブ感情・ネガティブ感情に正しく反応する

ボディランゲージから患者さんや患者さんのご家族が発するネガティブ感情とポジティブ感情を正しく読み取る技術を習得し、それらの感情に対して適切な言葉がけや態度を学びます。またボディランゲージを通して、その場にふさわしい表情や振る舞いができるようになるための簡単な練習も行います。


④存在を承認するボディランゲージについて学ぶ

表情やしぐさと印象形成との関係について理解したうえで、患者さんの承認欲求を満たし、自己肯定感を高めるのに役立つボディランゲージについて解説します。

【対象者】

医師、歯科医師、薬剤師、看護師、助産師、保健師、公認心理士、管理栄養士、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、義肢装具士、歯科技工士、救急救命士、言語聴覚士、視能訓練士等


(*対象者の能力・知識レベルは一切問いません)

 

【法人・団体受講について】

大学・専門学校での実施や学内・院内研修等への講師を派遣することも可能です。

国際ボディランゲージ協会までお気軽にお問い合わせください。

(お申し込み人数に応じて特別受講料が適応されます)​

【受講時間】

120分

【受講料】

21,000円(税込)

開催スケジュール

受講生の声はこちら