top of page

誤解を招きやすい日本人のジェスチャー②「自分を指すときのしぐさ」と「顔の前で手を振るしぐさ」

皆様、こんにちは。国際ボディランゲージ協会の代表、安積陽子です。


お盆休みに海外旅行を楽しまれた方も多いかと思いますが、国内でのジェスチャーが海外では誤解を招くことがあります。今日は、日本国内では気にされないものの、海外では違和感を与える可能性のある日本人特有のボディランゲージを、引き続きご紹介します。


今回取り上げるのは、「自分を指すときのしぐさ」と「顔の前で手を振るしぐさ」です。


日本では、自分を示す際に人差し指を鼻の先に当てることが一般的ですが、これは海外では通じないことが多く、美しいしぐさとは見なされません。実際、このジェスチャーは鼻をほじるように見えたり、相手の鼻に何かがついていると誤解されることも。


海外では自分を指す時には胸に手を当てるのが一般的です。海外で鼻を指すしぐさをしようとした際には、この違いを思い出してください。


また、「いいえ」や「NO」を示す際に、顔の前で手のひらを振るのは、海外では通じないジェスチャーです。海外で「いいえ」を伝えたい時は、単純に「No」と言うのが最も効果的です。

日本人特有のしぐさ

ボディランゲージは世界共通のコミュニケーションツールですが、文化によってその解釈は大きく異なります。誤解を避け、国際的なコミュニケーションを円滑に進めるためには、異文化のボディランゲージを学ぶことが重要です。私たちの時代は国際化が進む中、異なる文化や宗教を理解することは、より豊かなコミュニケーションに不可欠なスキルと言えるでしょう。

国際ボディランゲージ協会では、ボディランゲージに関する認定資格講座をオンラインで実施しております。

2級edu講座では、「表情を効果的に使ったコミュニケーション術」について学ぶことができますが、1級講座ではさらに深い内容に触れます。


1級講座では、日本人にとっては日常的なジェスチャーが海外でどのように解釈されるか、すなわち「日本と異なる文化的意味を持つボディランゲージ」や、「海外で注意すべきボディランゲージ」、「異性で異なるボディランゲージ」「微動作」などについて詳しく解説します。


自己表現の技術を磨きたい方、また、他人の「表情」や「身体の動き」から、言葉では表現されない感情を読み取りたい方に、私たちの講座は特におすすめです。


日本初となるこの非言語コミュニケーションの資格講座では、わずか90分のセッションで非言語コミュニケーションの核心に迫ることができます。


この機会に、国際ボディランゲージ協会の認定2級・1級講座を通じて、コミュニケーションの技術を深めてみませんか?


ビジネス 非言語コミュニケーション 商談 オンライン営業

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square