top of page

子どもたちの未来を変える!プレゼンテーション教育の必要性



日本の教育システムは多くの面で優れていますが、子供たちが社会に出たときに必要とされるプレゼンテーションスキルの教育は、他の先進国と比較すると遅れを取っています。


特に、プレゼンテーションの中核的な役割を果たす非言語コミュニケーションの重要性が十分に認識されているとは思えません。


プレゼンテーションにおいては、言葉を超えたメッセージ送信、つまり非言語コミュニケーションが非常に大きな影響力を持ちます。


表情、視線の使い方、ジェスチャー、姿勢、声の調子や強弱など、これらの要素は聴衆に与える印象を大きく左右し、言葉の内容と同じくらい、場合によってはそれ以上に重要です。このようなスキルは、小さい頃からの訓練と実践を通じて最も効果的に習得できます。





昔から日本では、国語の教科書を使った音読練習が行われてきましたが、その読み方についての具体的な指導はほとんど行われていません。また小学生に上がると、家庭で教科書の音読の宿題が出されますが、おそらくご家庭においても読み方の指導まで行っているところは数少ないでしょう。教育現場で指導を行う教員が、教えるための訓練を受けていなければ、子供たちは話すための自信を身につける機会を失ってしまいます。


また演技に関しても同様です。幼稚園や保育園でのお遊戯会から始まり、小学校、中学校、高校での演劇会においても、適切な演出指導を受けられなかった子供たちは、セリフを棒読みしてしまう子どもたちが多くいます。これもまた、彼らが大人になった時に自信を持って意見を表明し、効果的にコミュニケーションを取る能力を構築するための重要な機会を逃していることになります。




プレゼンテーション技術を子どもたちに教えることは、彼らが将来、どのような職業に就くかに関わらず、その生活の質を向上させ、成功への道を開くための重要な投資です。


そのためには、教育システムにおけるカリキュラムの見直し、教員の研修プログラムの充実が急務です。




国際ボディランゲージ協会では、や「子供のためのプレゼンテーション講座」を「プレゼンテーションアシストサービス」を通じて、子どもたちがどこにいても自信を持って自分の意見を表明できるようになるために、プレゼンテーションスキル教育の強化に努めていきます。


ご興味のある方はぜひHPをご覧ください。





Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page